妊娠初期には葉酸サプリがおすすめ

サプリ7

妊娠すると母体と胎児を守るために様々な栄養素が必要となってきます。妊娠の時期によって必要になる栄養素は異なりますが、妊娠初期の時に必要なのが葉酸です。葉酸は造血ビタミンとも言われているほか、細胞の中のDNAなどの合成にも必要な栄養素で食事だけで全てを補うのは難しいため、葉酸サプリを利用して補うことがオススメです。

妊娠初期の葉酸の働き

妊娠中はいろいろな栄養が必要となりますが、妊娠初期には体の元になる三胚葉が形成されます。そのため栄養がしっかりとれているかどうかが、その後の赤ちゃんの成長に大きく影響してきます。初期に特に必要なのが「葉酸」です。

葉酸はDNAやRNAの合成に関与していることがわかっています。妊娠中は貧血になりやすいのですが、葉酸はビタミンB12と共に赤血球の形成を助ける栄養素でもあるため貧血も予防することができます。葉酸の働きの中で特に重要なのが新生児障害の発症リスクを下げることができる、ということです。

妊娠初期に十分な葉酸を取っていると先天性奇形である神経管閉鎖障害のリスクを低下させることができるとう研究結果があります。葉酸は細胞分裂を行うのに必要な栄養素です。妊娠初期には赤ちゃんの細胞分裂も活発で、脳や脊髄をはじめとした重要な器官が形成される時期でもあります。

そのため妊娠中に葉酸が不足してしまうと細胞分裂がスムーズにいかず、先天性障害のリスクが高くなってしまうのです。また、流産のリスクも高くなってしまいます。このようなリスクを避けるためには、妊娠がわかってから葉酸を摂取するのではなく日頃から意識して摂取しながら、サプリメントを妊娠前から飲んでおくというのがおすすめです。

妊活中から飲むことによって、着床率を向上させることができ妊娠しやすい体作りにつながり、妊娠初期には先天性障害のリスクを低くするほかつわりの軽減にも役立ちます。妊娠中期・後期には胎児の成長をサポートして低体重出産を予防します。

できれば授乳期にも量を減らして飲むのがおすすめで、母乳の質や量を高めて子宮の回復を助けたり、抜け毛や産後うつの予防効果なども期待できます。

妊娠初期に必要な量

葉酸は肉類ならレバー、野菜類なら菜の花や枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草など様々な食材に含まれている栄養素です。

しかし、葉酸は吸収率が悪く体内に蓄えることのできない栄養素ですので、毎日積極的に接種する必要があります。一般的に1日の必要摂取量としては240μgほどが望ましいとされていますが、妊娠中はその倍である1日480μgを摂取することが望ましいとされています。

妊娠前から摂取する必要があり、妊娠12週までは食事以外にも葉酸サプリをプラスして最低限400μgを摂取することが厚生労働省から推奨されており、妊活週から葉酸サプリを摂取することが赤ちゃんの健康を守ることにつながります。

普段から野菜を意識して取っているのにさらにサプリメントも利用するのか、という人もいますが葉酸は体内に蓄えることができない栄養素ですので、多少多く量をとったとしても問題はないです。

効率よく葉酸を摂取するためのサプリ利用

薬が苦手なため、サプリを利用するのも苦手、という人はいると思います。できれば食事から葉酸をとり続けたいと思っていても、葉酸は吸収率が悪いためどんなに野菜中心のバランスのとれた食事をしていたとしても、食事だけで480μgを補うのは難しいのが現状です。

食事だけで葉酸を必要量とり続けるのは難しいため葉酸サプリを利用していきます。葉酸サプリであれば、吸収率の高い葉酸である合成物グルタミン酸型を取ることができ、手軽に摂取することができ、摂取量がわかりやすいというメリットがあります。

手軽に摂取できるというメリットはありますが、摂取しすぎると食欲不振や吐き気、不眠症、むくみなどの副作用を引き起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。厚生労働省では1日1000μgを上限摂取量と定めており、使用量を確認して1日の摂取量が1000μgを超えないように意識して摂取していきます。

サプリメントの量だけではなく、食事で摂取した葉酸の量も考えて摂取量を考えることが大切です。

葉酸サプリの選ぶポイント

妊娠しているのだから安全なものを選びたいという人も多いと思います。しかし、葉酸サプリは様々なものが販売して選びにくいと、いうこともよくあります。そんな時には選ぶときのポイントを知ってから選ぶことが大切です。

まずチェックしたいのが、無添加であるということです。毎日飲むものですので、添加物である保存料や香料、甘味料が含まれていないものを選ぶことがおすすめです。次にできるだけ安心できて信頼性の高い会社のものが選びたい場合には、販売元が明記されているサプリメントを選ぶことも重要となります。

また、つわりを軽減する栄養素が入っているということも大事です。バナナや大豆に多く含まれるビタミンB6がつわりを軽減することがわかっており、葉酸だけではなくビタミンB6も含んでいるものを選ぶことが良いとされています。

継続して飲み続けるためには、飲みやすいサイズであるということも注意して選んでいきます。

葉酸サプリの注意点

注意したいのが葉酸サプリには天然のものとそうでないものとがあります。当然天然ものの方が余分なものを使っておらず、栄養素も良質で会うので体にも吸収されやすく高い効果が期待できます。しかし、値段が高くずっと続けるのは難しいこともあります。

継続的に続けていける価格のものを選んでいくことも大切です。また、一粒の量に含まれる含有量も考えてから選びます。何粒もサプリメントを飲むのが苦手な人もいるかと思いますが、なるべく含有量が多く吸収率の高いものを選ぶことが継続して続けるためには重要となります。

自分で選びにくいという場合には、口コミを参考にするのも効果的です。実際に飲んだ人の感想ですので、選ぶときには役立つ情報です。平均的に評価の高いサプリメントを選べば、良い結果を得られる可能性は高くなると考えられます。

葉酸の効果を高めるためには、食事からでも良いためビタミンBも一緒に摂取することなども大事です。どんなに良いものだとしても、用法用量を守って相乗効果のある栄養素を摂取しながら飲むことで効果を発揮します。

葉酸の重要性と葉酸サプリをお店で買う時の選び方